【いじめを隠ぺいする学校と証拠を要求する相手の親に対し、探偵を使って動かぬ証拠を示す方法】

「証拠」が学校と相手の親の態度を左右する

↓現在、基本料金50%OFFクーポンが出ています↓

子供のいじめ調査におすすめの探偵社はコチラ

 

子供のいじめが深刻化しています。

 

昔のいじめっ子と泣き虫のような子供らしい関係ではありません。

 

巨額の恐喝や傷害、殺人にまで発展する深刻なケースも少なくありません。

 

これに対して学校は何もせず、むしろ隠蔽しようとする傾向にあります。

 

訴えても助けてもらえないと思った子供は、いじめられていることを隠すようになります。

 

親は解決できないどころか、子供の現状さえわからなくなっていきます。

 

このサイトは、こうした状況を探偵を使って解決する方法を紹介しています。

凶悪化の一途をたどるいじめ事件

滋賀県大津市の中2自殺
  • 凶悪な3人の同級生から執拗ないじめを受けた中学2年生が自殺
  • 学校から教育委員会まで一丸となって隠蔽工作
  • 担任教師は父兄への説明会にも欠席
  • マスコミ報道で世間の非難が高まり、ようやくしかるべき対応へ
川崎市の中1殺害事件
  • 不登校の中学1年生が年長の不良グループに入って、激しい苛めを受ける
  • 救おうとした友人らが警察に連絡したことに逆上
  • 18歳のリーダー格はじめ合計3人の少年が夜の河原に呼び出し
  • 真冬の川で泳がせ、カッターで切り、再び泳がせた後、刺殺
広島市少女LINE殺人事件
  • 16歳の無職少女がSNSアプリ「LINE」での口論をきっかけに、元同級生の少女を殺害
  • 呉市の山中に死体を遺棄
名古屋中学生5000万円恐喝事件
  • 中学生が同級生のグループに継続して多額の恐喝を受けた
  • 総額は5,207万円にも上り、中学生のいじめの範疇を超えた金額が注目される
  • いじめた少年ら自身も暴力団員から恐喝を受けていた
  • 事件発覚当初、教頭も校長もいじめを把握していないと回答

 

こんな事件がなぜ起こるのか?というような凶悪ないじめ事件が続発しています。

 

なぜ、教師は何もせず、いじめた側の味方をするようなことをするのか?

 

先生方は恐れています。

 

いじめっ子の親の激しい抗議を。

 

自分たちの想像を超えた凶暴さ・残虐さを発揮する生徒も。

 

そして校長先生は、地位を失ったり、3000万円クラスの退職金が減額になるのを恐れています。

 

いじめが凶悪であればあるほど、恐ろしさで思考停止に陥ります。

 

とにかく、早く卒業してほしい!

 

それだけを願いながら、何も起きていないフリをするのです。

 

↓現在、基本料金50%OFFクーポンが出ています↓

子供のいじめ調査におすすめの探偵社はコチラ

 

まずは順当な相談をする

子供がいじめに遭っている兆候があったら、まずは担任の先生に相談してください。

 

これをすっ飛ばして、最初から警察だ、探偵だと事を荒立てるのは逆に危険なことです。

 

学校の体質がまともで、熱心にいじめに対処してくれる先生がいた場合、問題の8割以上は丸く収まります。

 

しかし、そうではないケースが多いのも現実です。

 

多くの学校において、学校はもう昔のような場所ではなくなっているのです。

 

学校が動いてくれなかった時は、親が子を守るための行動を起こす時です。

 

学校や相手の親は何を言ってくるか?

いじめに対応できない学校で、いじめへの抗議を申し立てると何を言われるか?

 

「証拠を持ってこい」です。

 

先生は「証拠がないと動けない」「いじめではなく、自分でやったのかも」と言います。

 

モンスターな相手の保護者は「うちの子が苛めた証拠はあるのか?」と逆ギレします。

 

先生方は声の大きい保護者をとても恐れています。

 

証拠が相手の態度を一気に変える

しかし、ひとたび証拠をつきつけられると、彼らの態度は180度変わります。

 

担任も校長先生も教育委員会も一斉に動き出します。

 

別に証拠に納得して正義のために動くわけではありません。

 

証拠があるのに何もしなかったとなると、マスコミに叩かれ、世間の非難に遭い、地位を喪失する危険が出てきます。

 

だから、「最善を尽くした」という事実を残そうとするのです。

 

つまり常に保身が最大の動機であるわけです。

 

相手の保護者は、人が変わったように平謝りしてきます。

 

自ら示談を申し入れてくることも多いです。

 

警察沙汰になって子供の将来に陰を落とすのを避けるために、お金で解決しようとするのです。

 

内容が事件レベルだった場合、証拠があれば警察も即座に動いてくれます。

 

証拠さえあれば、すべてが一変するのです。

 

注目される探偵の活用

だが、その証拠をどうやってつかむのか?

 

親はいじめっ子に顔がバレていますから、様子を見ている時にいじめたりしません。

 

その代わりに親の姿が見えなくなった時に激しい報復をします。

 

そもそもそういう時間も取れないのが普通だし、素人が尾行なんかしてもすぐバレます。

 

そこで注目されるようになったのが探偵です。

 

この10年の間に、探偵の間でかなりこの仕事が増えました。

 

↓現在、基本料金50%OFFクーポンが出ています↓

子供のいじめ調査におすすめの探偵社はコチラ

探偵を使ってまず客観的事実をつかもう

 

探偵の「子供見守り調査」とは?

放課後などに子供がどこで何をしているのか、尾行して写真記録します。

 

どんな友達がいて、どんな遊びをしているのか、記録します。

 

プロの探偵はチームで動き、子供たちに観察されていることを悟られずに、克明に記録を取ることができます。

 

写真は個人が判別できる顔が鮮明に映った物を撮るので、最悪は裁判になっても証拠能力を持つ水準です。

 

素人では絶対できないレベルの写真証拠を揃えてくれます。

 

いじめが犯罪レベルに達していた場合、調査報告書という証拠があれば、警察も即座に動いてくれます。

 

調査に子供を巻き込むのはハイリスク

中には決定的な証拠を押さえるために、子供に協力を求めたケースもあります。

 

隠しマイクを体に装着させ、いじめグループの犯罪的な命令を録音させたのです。

 

そのケースでは見事成功していますが、こうしたやり方はなかなか大きなリスクがあります。

 

もし、発覚したら子供はすさまじい報復を受けるのは間違いありません。

 

子供ですから途中でやり抜く自信を失い、自ら白状してしまう可能性もあります。

 

子供の心という当てにならないものを当てにするやり方はリスキーと、その探偵さんも述べておられました。

 

それでも事態打開のためにはやるしかなかったのでしょうし、その探偵さんを批判するつもりは毛頭ありません。

 

ただ、いきなりそんなリスクの多いことをやらなくても、まずは普通に行動調査してみては?と提案したいのです。

 

今時の親御さん、子供が通学経路で誰と会い、何をしているか、ほとんど知らないはずです。

 

まず、それを客観的に明らかにしてみましょう、ということです。

 

多くの場合、それだけでかなりのことがつかめるのです。

 

いじめでなかった場合のリスクも重大

深刻ないじめだと思われたのに、行動調査してみたら自作自演だったケースもありました。

 

弁当や上着を捨てられる激しさだったので、探偵チームはいじめを確信して行動調査に臨みました。

 

狙ったのは修学旅行の機会でした。

 

ところが探偵チームは驚愕の事実を目にしました。

 

その子は自分で弁当や上着を捨て始めたのです。

 

写真と動画による報告には親御さんも大変驚かれ、方向を見誤らなくてよかったと感謝されたそうです。

 

この子に必要なのは医師のカウンセリングでした。

 

もし先にいじめ被害を学校や友人の親に申し立てて、後から自作自演が発覚したらどうなっていたでしょうか?

 

その子は「いじめを自作自演した子」として、二度とその地域の子供たちのコミュニティに入れなかったはずです。

 

親御さんやも、その地域で暮らしていくのは大変つらいものになったはずです。

 

このように証拠がないのに、いじめ被害を訴えるのは、訴える側にも大きなリスクがあるわけです。

 

やはり、すべては客観的事実を調査することが先決です。

 

それさえわかれば、いじめがあってもなくても、正しい行動を選択できるのです。

 

おすすめの探偵社

子供のいじめ調査には原一探偵事務所がおすすめです。

 

基本料金半額クーポン

クーポン

 

現在、同探偵社が当サイトのユーザーに、基本料金50%OFFのクーポンを発行してくれています。

 

「当サイトでクーポンを見た」というだけで、適用されます。

 

ただし、電話番号がクーポン識別コードを兼ねており、下記リンク先の電話番号でないと適用されないので、ご注意ください。

 

原一探偵事務所の子供いじめ調査・24時間相談無料・基本料金50%OFF適用サイトはコチラ

 

おすすめの理由

子供のいじめ調査に経験が豊富、しかも全国で利用できるからです。

 

探偵社・興信所の仕事はどこでも同じで、浮気調査:人探し:その他が7:2:1くらいの割合です。

 

子供のいじめ調査は特殊な依頼に属し、経験のある探偵社が少ないのです。

 

下記リンクは原一探偵事務所の子供のいじめ調査のページです。

 

この調査にきちんとした態勢を取っていることがわかるので、参考に見てください。

 

ただし、50%OFFクーポン適用サイトではないので見るだけにして、無料相談(365日24時間)や依頼は上のクーポン適用リンクから行ってください。

 

原一探偵事務所の子供のいじめ調査のページ(参考)

 

子供のいじめ調査に経験がある探偵社は東京に多く、地方では稀です。

 

原一なら北海道から九州まで全国18の自社拠点があり、誰でも最寄りがみつかります。

 

支社のない地域も出張費なしで対応してくれるので、とても利用しやすいです。

 

ほかのおすすめポイント
  1. 個人事務所がほとんどの探偵業界では珍しい、確立された企業
  2. 証拠能力の高い写真を追求する姿勢
  3. 最初に費用総額を決め、追加請求を一切しない料金システム
  4. 全国にまんべんなく拠点があり、近場で頼みやすい

 

費用について

相談と調査計画立案までは無料。

 

調査費用総額をはじめに確定し、依頼者が納得してから着手します。

 

それ以外の「経費実費」や「成功報酬」などの追加請求は一切ないシステムです。

 

また、契約を急がせるようなことはありません。

 

365日24時間・電話相談を受けつけています。

 

全国18か所の自社拠点

札幌/仙台/高崎/千葉/埼玉(川越・大宮)/東京(日本橋・新宿)/横浜/静岡/名古屋/大阪/神戸/岡山/松山/広島/福岡

 

行動調査の技術は探偵の基本ですが、対象が子供の場合は別のスキルも必要です。

 

不審者と間違われて調査活動が発覚しているようでは失格です。

 

また、調査後の処理も浮気調査などの大人の問題とは違う配慮が必要です。

 

著しく悪質な場合は別として、最初から事を荒立てず、学校や相手の親と話し合って、まずは円満な解決を図った方がよいのです。

 

警察、裁判というのはそれが不調に終わってからです。

 

原一ならこうした分野の経験も豊かで、適切なアドバイスをしてくれます。

 

いじめ調査は子供に関わる特殊な分野なので、企業として確立している、社会的に成熟した探偵社の方がいいと思います。

 

料金トラブルが多い探偵業界にあって、料金が最初に確定して追加請求を一切しない点も安心です。

 

↓現在、基本料金50%OFFクーポンが出ています↓

子供のいじめ調査におすすめの探偵社はコチラ